プラセンタサプリの注意点

プラセンタサプリの注意点

プラセンタサプリの注意点

哺乳類の動物、馬、牛、羊、豚、ヒトのものを使用しています。
ヒトは医療用のみ注射で用いられ美容効果を期待する場合は保険適応外になります。
牛、羊は2001年に厚労省が狂犬病のリスクを考え反芻動物の胎盤使用を禁止しました。
日本国内で販売されている「牛、羊プラセンタ」は全て海外から輸入したものです。

プラセンタ選びで大切なポイントは3つあります。

1.育った環境を調べましょう。
どのような環境で飼育されているかは大切なことです。
詳しく書かれていない商品は控えましょう。

2.プラセンタ量の表示は2種類あるので確認しましょう。
原料換算と原末の2つです。
原料換算は抽出する前のプラセンタ量を表示しています。
原末は抽出した後に水分を飛ばした粉末のプラセンタ量です。
表示量だけ見ると原料換算がエキス抽出前なのでプラセンタの量が多くなります。
より正しい表示とされているのは原末で水分を飛ばした後の量です。
サプリメントは原末表示が多いので商品を比較する時は気をつけて下さい。

3.プラセンタの抽出方法を確認しましょう。
プラセンタのもとは動物の胎盤です。
熱処理をして加工しないと感染症の原因になります。
熱を加えた段階でいくつかの有効な成分は死滅しますが安全を考えてのことです。
抽出方法が詳しく書かれていないプラセンタはとても危険です。
安い価格であってもトラブルになることがあるので購入を控えましょう。

copyright(C)美とプラセンタサプリ